婦人

戸田中央看護専門学校に通い看護師を目指してみよう

  1. ホーム
  2. 放射線の専門家

放射線の専門家

看護師

国家資格が必要

放射線技師とは、放射線を使った検査を担当する人のことです。レントゲンやMRI検査が代表的ですが、その他にも様々な検査を行うことがあります。放射線は、正しい知識を持った人が利用しないと人体に悪い影響を与えることがあるため、放射線の専門家が行うことになっています。放射線技師以外でも、医師や歯科医師が検査をすることはできますが、多くの場所では放射線技師に任されています。放射線技師になるには、国家試験に合格しなくてはなりません。国家試験は誰でも受けられるわけではなく、放射線技師を育成する学校を卒業していることが条件となります。学校では電子工学や解剖学・その他医療系に必要な基礎知識を学ぶと共に、現場での実習もあります。放射線技師になるには、これらを全てクリアして卒業し、かつ国家試験に合格する必要があります。

医師に頼られることも

放射線技師には、正確で丁寧な作業が求められます。医師や看護師ほど表立って患者と接するわけではありませんが、患者さんから検査に関する質問を受けたり、不安になってる人には言葉を選んで説明しなくてはなりません。放射線技師になるにはコミュニケーション力も必要となります。検査業務というと地味なイメージがあるかもしれませんが、とても大切な仕事です。なぜなら、医師が診断するためのデータはその検査の結果を基にしているからです。場合によっては医師から相談されたり、一緒に画像を見て診断することもあります。就職先にもよりますが、大きな病院では24時間体制だったり、夜間急に呼び出されることもあります。放射線技師になるには、体力もあるに越したことはありません。